シイタケの根で健康体に|血管を柔軟にして動脈硬化を防ぐ|有効なサプリの成分を知ろう
レディー

シイタケの根で健康体に

栄養剤

栄養価の高さ

シイタケは、根が原木から栄養分を吸いながら成長しているのですが、シイタケ菌糸体はその根の部分にあります。つまりシイタケの茎や笠を育てるための栄養分は、最初はシイタケ菌糸体に集まっているわけです。その栄養価の高さから、昨今ではシイタケ菌糸体が、健康食品として利用されるようになっています。シイタケ菌糸体からは、茎や笠を食べる場合よりも多くの栄養分を摂取できるからです。それでいて、細い根として原木内に広がっているので、茎や笠のように調理して食べることは困難ということから、粉末やドリンクなどの健康食品に加工されているのです。具体的にはシイタケ菌糸体には、αグルカンやβグルカンなどが含まれています。これらは、免疫力を高めたりコレステロール値を下げたりする効果のある成分です。

ガンの治療にも効果的

シイタケ菌糸体を摂取すると、血液内のNK細胞が活性化することで、免疫力が高まります。NK細胞は、体内に入ってきたウイルスを撃退するために働いていますが、体内でガン細胞が誕生した場合にも力を発揮します。発生したガン細胞をいち早く攻撃し、それが増殖することを防ぐのです。つまりNK細胞を活性化させるシイタケ菌糸体には、ガンの発症を防いだり、進行を抑えたりする効果もあるということです。そのためシイタケ菌糸体は、ガンの予防にはもちろん、一部の病院ではガンの治療にも使われています。しかも健康食品にもかかわらず、一部の抗ガン剤と併用する場合には、健康保険が適用されるのです。このように医療現場でも効果が認められていることから、多くの人が積極的にシイタケ菌糸体を利用しています。